起業してベンチャー企業の経営者になる

システムエンジニアが将来的に収入を大幅に上げたいと考えるなら、思い切った決断をして計画を立てることも大切です。
その例が、起業してベンチャー企業の経営者になることです。
起業してベンチャー企業の経営者になり、事業を成功させることができれば、巨万の富を築き上げることができます。

システムエンジニアとして働いた経験があると、上流工程から下流工程まで一通りの開発プロセスを経験することになります。そのため、一企業を作り上げるのに必要な最低限の素養を持ち合わせているのが一般的です。
勤め先によっては上流工程のみしか携われない場合もありますが、将来的に起業しようと考えたら積極的に上層部に働きかけ、下流工程も経験させてもらうことが大事です。
あるいは転職してプログラマーの仕事を経験するのも良い方法で、全体像を把握すれば、経営者としての基盤ができあがるでしょう。

経営者になるとマネジメントと営業を重視した働き方になり、自分自身が開発に携わるかどうかは自分で決めることが可能です。
小規模なベンチャー企業であるうちは、マネジメントをしながら開発にも従事するというスタイルを維持することはそれほど難しくはありません。しかし成功して企業が大きくなっていくと、マネジメントに専念しなければならざるをえません。
そのような働き方で収入を大幅に上げていけるように努力したいと考えたら、システムエンジニアとして働き始める段階から計画的に経験を積みつつ、起業するときの発想を練っておくことが必須です。その準備なしに突然起業するのは難しいので気を付けましょう。