副業としてテスター・デバッガーを選ぶ

システムエンジニアは、副業によって収入を上げようと考えるケースがよくあります。技術を持っているので、高い時給で働けるアルバイトも多くなっているのが現状です。
一方、クラウドソーシングが広まってきた影響で自分にできる仕事が探しやすく、さらには特に雇用手続きをせずに携われる仕事も見つけられるようになっています。

何を副業とするかはシステムエンジニアにとって重要な問題ですが、テスター・デバッガーを選ぶ人が比較的増えています。
テスター・デバッガーは本業として行うと収入が低いことが問題になりがちであり、どちらもあまり好まれてはいません。
しかし、副業としてなら、システムエンジニアとしての基本的な素養があれば携わることができます。
テスターであれば仕様設計のための情報が手に入り、デバッガーであればプログラミングスキルを棚卸しする機会になります。簡単なものなら特に勉強せずとも携われるので、副業にしやすいでしょう。

そして、成果報酬型のものが多いのもテスター・デバッガーのアルバイトがシステムエンジニアに向いているもう一つの理由です。
完全歩合制になっていれば、時間が許す限り働けば良いということになります。特にテスターの場合、現場に行かなくても良いケースもあり、スキマ時間を使いやすくなっています。
忙しい現場で開発を担っているシステムエンジニアにとって、時間の都合を付けやすいという魅力があります。
このような理由で、テスター・デバッガーを積極的に行い、収入を上げようという人が増えています。